Concept幸住の家づくり

構造と性能

耐震設計

どんなに構造的に強くしても、バランスが悪ければ耐震強度は発揮できません。アイフルホームの地震に強い家は、耐震設計マニュアルと構造設計CADで、設計するすべてのプランの耐震性能をチェックします。耐震強度にとって重要な、壁量、壁の配置バランス、接合強度のチェックを重ね、安全性の高いプランをつくります。

「耐震等級3」相当の設計を追求

耐震等級3相当 アイフルホームの家
アイフルホームの家
アイフルホームの家
地震の力の方向
構造上弱い設計の家
構造上弱い設計の家
構造上弱い設計の家
地震の力の方向

例1.最外周壁線に窓のない壁(全壁)を2ヶ所以上配置
バランスを考慮した耐力壁の配置により耐震等級3相当の設計が可能。

耐震等級3相当 アイフルホームの家
アイフルホームの家
構造上弱い設計の家
構造上弱い設計の家

例2.2階最外周壁線の直下に1階の内部壁線を設けます
下屋付2階建てでも耐震等級3相当※の設計が可能。

※ 耐震等級3は、品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)における住宅性能表示制度の耐震基準を表す最高等級。
※ お客様が選択されたプラン、仕様によっては耐震等級3相当が満たせない場合があります。また、雪が多い地域では耐震等級1相当を基本として提案する場合があります。
※ 記載内容は、住宅性能表示制度における最高等級の評価基準を満たすよう設計評価したものです。同制度に基づき設計段階で評価したもので、完成後や経年変化を考慮したものではありません
※ 地域・プランにより最高等級の評価基準を満たさない場合があります。住宅性能表示制度による住宅性能評価書の交付を受ける場合は、登録住宅性能評価機関の評価を受ける必要があります。(申請・評価には別途費用がかかります。)

グランドスクラム構法

構造用集成材
構造用集成材

経年による変形がほとんどなく、スギの約1.4倍の強度を持ちます。

テクノスター金物
テクノスター金物

構造材同士をつなぐ接合部を金物で強化し耐震性を高めました。

剛床工法
剛床工法

構造体と強力に一体化し、強力な床剛性で抑制。

通気工法
通気工法

構造内に湿気をためず、構造体の 腐食や劣化を抑えます。

構造材や接合金物、施工に至るまで先進の技術を結集した「グランドスクラム構法」は、日本古来からの伝統的な住宅建築工法である在来木造軸組工法の特長を活かしながら、独自の技術で接合強度の向上・安定を図り、住宅性能表示制度「耐震等級3(最高等級)」相当の確かな技術で、家を地震からお守りします。

※住宅性能表示制度における最高等級の評価基準を満たすよう設計評価したもの。同制度に基づき設計段階で評価し、完成後や経年変化を考慮したものではありません。地域・プランにより最高等級の評価基準を満たさない場合があります。

次世代制震システムEVAS

アイフルホーム次世代制震システムEVAS(Eyefulhome Vibration Absorption System)は、高層ビルの制震技術を採用し、地震エネルギーを熱エネルギーに変換して揺れを吸収する構造です。

  1. 繰り返しの地震に強い
  2. 建物の変形量を約1/2※に低減
  3. 家全体がまるごと制震装置

※グランドスクラム構法のみの場合との比較

気密性能・断熱性能

高い断熱性能と優れた気密性能で家全体を包み込むことで、 一年を通して温度差が少ない、いつでも快適な室内温度が保てます。

気密性能

C値=平均0.54㎠/㎡ アイフルホームの家
アイフルホームの家
C値=平均5.0㎠/㎡ 構造上弱い設計の家
構造上弱い設計の家

C値とは「相当すき間面積」のこと。どれくらい家に隙間があるのかを示しています。数値が小さいほど隙間が小さくなり、気密性が高くなります。

断熱性能

3〜7地域 UA値=0.44W/(㎡・K) アイフルホームの家
アイフルホームの家

Ua値とは「外皮平均燃貫流率」のこと。熱量がどのくらい屋外に移動するかを表す指標を示しています。数値が小さいほど断熱性能が高い住宅です。

※ 実住宅の数値は、気密測定によって確認することができます。
※1 2019年度実測した物件の平均値 ※2 試算プラン:40CBS-7010LA 延床面積:122㎡
※ 各性能値は、地域・仕様・プラン形状などにより、数値が異なります。保証する数値ではありません。

オリジナルの高気密高断熱構法

断熱イメージ図
断熱イメージ図
壁面・天井屋根面
高性能断熱パネルとHQP(ハイクオリティパネル)が高い次元の高気密高断熱を実現。
床面
高性能断熱材で地面からの熱気や冷気を遮ります。

※建設地によっては基礎断熱となります。
※壁、床、天井、屋根、またはそれらの取合い部や開口部周り等には、防温気密処理が必要となります。

一般住宅
高性能グラスウール10K 新省エネルギー基準IV地域
高性能グラスウール10K
新省エネルギー基準IV地域
HQP(壁)
ネオマフォーム
ネオマフォーム
グラスウールに置き換えた場合
高性能グラスウール10Kの場合
高性能グラスウール10Kの場合

HQP(壁)とは、構造用面材と高性能断熱材と粘弾性体を一体化した高性能断熱パネル。このパネルにより、高い断熱・気密性能と「耐震+制震」性能を発揮します。厚さ70mmのHQPと同等の断熱性能を高性能グラスウール(10K)で得るためには151mmもの厚さが必要になり、薄くても高性能な断熱パネルです。

ZEHへの取り組み

省エネルギーに対する必要性が高まる昨今、政府は、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅の一次消費エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、ZEH)を、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均での実現を目指す」という政策を掲げました。
「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、住宅の高断熱化及び高効率設備により、できる限り省エネルギーに努めた上で、太陽光発電などの再生可能エネルギーにより、年間の一次エネルギー消費量が『正味ゼロまたはマイナスの住宅』のことをいいます。

アイフルホームは、2020年までのZEH普及率目標を定め、その普及に努めるとともに、不要なエネルギーを使わないライフスタイルの啓発を進めることで、地球環境の保全と、お客様の快適で豊かな暮らしの実現に貢献します。

Contactお問い合わせ

安芸店.0120-528-510 呉店.0120-510-586

営業時間:9:00~18:00 毎週水曜定休